ADR インド株のメリットとデメリット

 

 

ADRの正式名称は「American Depositary Receipt」で、日本では米国預託証券といわれています。

 

ADRとは?
ADRのシステムを簡単に説明すると、アメリカ以外の国の企業の株を裏づけとしてアメリカで発行される有価証券になります。

 

ADRは厳密には株式とは言えませんが、株を保有するのとほぼ同じ効果が得られます。キャピタルゲインもインカムゲインももちろん可能です

 

 

 

 

 

 

ADRのメリット・デメリット
ADRのメリットとしては、下記でもご紹介しているインドの企業の株などがネット証券でも気軽に購入できることです。

 

従来はインドの株を買うために、インド国内の証券会社の口座を開設し日本円をインドルピーに両替して入金しなければならなかったので、実質インド株を日本国内で購入するのは難しかったです。

 

議決権行使ができないなどのデメリットもありますが、単にキャピタルゲイン狙いや配当金目的で購入する場合は特にデメリットでもないでしょう。

 

 

 

インド ADR

米国株の配当金をもらうには、アメリカの外国源泉徴収税額と日本の税金が2重にかかってきますが、インドのADRに関しては外国徴収税額がゼロです。

 

よって、特に配当金生活を目指している方で高配当利回り株を購入する場合は税金の面から見て米国株よりもインド株の方が絶対に有利でお得ということになります。

 

また、NISA口座でインド株を購入すると、外国源泉徴収税額がゼロ、日本の税金もゼロになり実質無税になるので最強です!

 

 

 

 

サイト管理人もキャピタルゲイン狙いでインドの銀行株、HDFCを指値中で待っています。

 


 

 

 

 

サイト管理人のおすすめインドADR銘柄一覧

 

以下の銘柄はすべて楽天証券でも購入できます。

セクター 銘柄 本社の所在地 配当利回り
ハイテク

INFY
(インフォシス・テクノロジーズ)

インド 2.27%

金融

HDB(HDFCバンク) インド 0.5%
IBN(ICICIバンク) インド 0.34%
自動車

TTM
(タタモーターズ)

インド 0%

 

(配当利回りは2019年6月現在)

 

 

インド企業の銘柄を多く取り上げている理由はインドの外国源泉徴収税率がゼロということです。

 

その代わりにADR管理手数料(0.5%前後)という別のコストがかかりますが、米国株の配当益&売却益にかかる現地税率10%と比較すると1/20とめちゃくちゃ安いです。

 

 

 

サイト管理人も知っていたインドの企業は、自動車産業のタタモーターズくらいで、その他はほとんど知らない銘柄ばかりでした。

 

そこでインド国内で主力と思われる2つの企業を調べてみました。

 

※タタモーターズは今のところ業績からは買えないですね。

 

  1. HDFCバンク
  2. インフォシス・テクノロジーズ

 

 

HDFCバンク

 

インド中央銀行から分離独立した商業銀行で、高所得者向けの金融サービスが特徴で、特に営業利益率が高く、あのウェルズファーゴ(WFC)よりも優秀な利益率を誇ります。

 

 

HDFC銀行 経常利益

 

日本の銀行とは比較にならないくらいの成長率で、きれいな右肩上がりを見せています。

 

 

 

HDFC銀行 EPSと1株配当

 

EPSも順調に伸びていますし、1株配当もEPSと同様に伸びており、連続増配当を続けています。
また、配当性向は25%でまだまだ増配余地は残されています。

 

 

 

HDFC銀行 チャート分析

 

株価がグングンと急上昇しているので買いのタイミングが難しいところなんですが、110〜120ドルくらいの押し目があれば狙いたいところです。

 

 

配当利回りが0.5%と低いので、仮に購入するのであればインカムゲインではなくキャピタルゲイン狙い重視ですね。


 

 

 

インフォシス・テクノロジーズ

 

インドの大手ソフトウェア受託開発企業。

 

インフォシス・テクノロジーズ 売上高

 

毎年5〜10%づつ売上高がアップしており、ROEも20%を超えていることからこれからも順調に成長していく勢いを持っています。

 

 

 

インフォシス・テクノロジーズ EPSと1株配当

 

EPSも順調に伸びていますし、1株配当もEPSと同様に伸びており、連続増配を続けています。

 

 

 

インフォシス・テクノロジーズ チャート分析

 

株価は横ばい状態で買いを入れるのならば、9ドル辺りのサポートライン前後で買いたいですね。

 

 

キャピタルゲインだけでなく、配当利回りも狙うのであれば株価が9ドル付近で購入すると配当利回りは2.67%になります。

 

また、最近の人件費がアップしているために若干成長スピードが鈍ってきていますね。


 

 

 

 

インドADRまとめ

 

インドADRの中ではHDFCバンクが一番勢いを感じますね。

 

株価が押し目をつけた時に購入したいのですが、試しに少額で打診買いしてもいいかなと思ってます!


 

 

 

 

 

インド国以外のADR

 

インドADRの税率は0%ですが、その他の国のADR税率もご紹介します。

国名 ADR税率
イギリス(英国) 0%
オーストラリア(豪国) 0%
ブラジル 0%
香港 0%

 

 

 ADR イギリス株 (米国預託証券)は非課税でお得です

 
トップへ戻る