FXで資産運用はできません

 

 

FXトレードで資金を増やそうと頑張っているトレーダーが多いのですが、結論を先に言ってしまうとFXでは資産運用はできないと考えた方が賢明です。

 

その理由は、多くの日本人が誤解していることで、FXでのトレードは単なる通貨の両替をしている行為に過ぎないからです。

 

日本円に限らず世界の全通貨の価値はインフレによって徐々に減っていっていると考えるのが自然で、通貨そのものは価値を生むことはありません。

 

 

そんなことはない!

 

今なら日本円の金利が安いのでスワップ金利がもらえるじゃないか!


 

とスワップ派トレーダーからの反論がありそうなんですが、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの金利が高い通貨はスワップ金利をもらえるかわりにに、それ相応の通貨価値の下落リスクを伴っているからです。

 

たしかにスワップ金利は沢山もらったけど、円に換算したらトータルでみると損してた・・・という感じの人が多いのはそのためです。

 

ここ辺りが、株式投資の配当金や収益不動産と決定的に違うポイントです。

 

それにもかかわらず、日本人がFX好きな理由を2点挙げてみます。

 

  • FX業者の誇大広告にはまってしまっている
  • 凄腕FXトレーダー等の成功例をみて自分も訓練すれば必ずなれると勘違いしてしまう

 

FX業者の年利10%で複利で増やせる!などの誇大広告や、1ヵ月程度の短期間で1,000万円以上稼いでしまうような凄腕FXトレーダーなどなど。

 

ボロ勝ちしている凄腕FXトレーダーなどを見ると私も憧れますので、日本ではFXの魅力に引き込まれる環境にあると良いと思います。

 

よってFXトレード自体は否定しませんが、FXの道で生き残れるのはひと握りの選ばれたスーパーエリートしか成功できない非常に狭き門という事も知っておくべきです。 (プロ野球で言えばイチロー・ダルビッシュ、プロテニスで言えば錦織圭クラス)

 

 

FXはマイナスサムゲーム

また、売買回数が増えれば増えるほど証券会社への売買手数料コストも増えますのでFXはゼロサムゲームではなく期待値が低い完全なるマイナスサムゲームだと言えます。

 

ゆえにFXはただのゲームで投機だと割り切ってトレードするのは構いませんが、資産運用ではないということをきちんと認識するべきだと思います。

 

 

では本物の資産運用とは何?

 

私は、資産運用は長い目でみて価値が増えるものに投資していくことで上手くいくと思ってますので、そういう理由でFXはやっておりません。

 

 

100万円は10年経っても100万円のままだからです。


 

私は、長い目で見て価値が増えるモノとして株の配当金と収益不動産を選びました。

 

収益不動産からは入居者さんから継続した家賃が得られますし、堅実な企業に分散投資すれば高い確率で毎年配当金が継続して頂けます。

 

実際に収益不動産を購入し米国株を購入して配当収入を得ています。

 

 

 

利回り3.5%の株を100万円で購入

 

10年保有していたら、配当金だけで35万円入ってきて総額135万円になったよ!


 

こんな感じですね!

 

もちろん、株の銘柄や収益不動産は厳選しないと損をする可能性がありますが、利益が出る不動産、連続して配当金を出している企業だけに投資していけば、長い目でみるとプラスサムゲームになると言えますし、これが本物の資産運用だと言えます。

 
トップへ戻る