アフィリ飯の収入内訳(2019年度)

 

  1. 労働所得=ECサイト(ヤフオク・楽天市場・ヤフーショッピング)
  2. 準不労所得=ブログ・アフィリエイトなどからのコンテンツ収入
  3. 不労所得=株の配当金収入+FXスワップ+家賃収入

 

3タイプの所得のうち、不労所得と準不労所得の割合を増やしていくことが「富裕層」、「楽な人生」への近道だと私は信じています。

 

 

理想は労働所得の割合を全体の20%以下に落とし、不労所得と準不労所得を合わせた割合を80%以上に上げることですね。


 

 

 

 

 

給与を上げる努力だけでは豊かになれない

 

私は個人事業主(フリーランス)ですが、このブログを見てくれている人の中でもサラリーマン(会社員)の方も多いと思います。

 

私の友人もそうなんですが、サラリー(給与)だけを増やそうと頑張っている人が多いです。

 

しかし、サラリーマンのベースアップは雀の涙で月10万円給与を増やすためにどれだけの月日&忍耐が必要なのか・・・・本当に気の遠くなるような話です。

 

私もしがない公務員だったので痛い程わかります。

 

 

では、具体的にどうやれば富裕層に近づけるのか?

 

おそらく皆さんが最も知りたいであろう情報を、当ブログを通じて私がこれまでに得てきた知識を皆さんに提供していく場所だと思ってます。

 

そこで当ページでは、私の労働所得、不労所得、準不労所得の割合をご紹介していきます。

 

今後、この3タイプの所得割合がどう変化していくのかもチェックしてみて下さい。

 

 

2019年度 収入の内訳

 

 

2019年度の収入の割合の推移をグラフで表示しています。

 

  1. 労働所得=ECサイト(ヤフオク・楽天市場・ヤフーショッピング)
  2. 準不労所得=ブログ・アフィリエイトなどからのコンテンツ収入
  3. 不労所得=配当金収入+家賃収入

 

準不労所得

ブログ収入とは、ブログに貼っているグーグル広告のアドセンス収入とASPアフィリエイトの売上で、これらの収入を個人的に準不労所得と呼んでいます。

 

また、不労所得と準不労所得の割合を増やしていくために、ブログの執筆、配当金収入を増やすために金融リテラシーを高めていく努力が、富裕層に近づくための唯一の方法だと思ってます。

 

この所得割合のページは、毎月更新していきますので、定期的に当ブログをチェックして頂ければ、私の所得割合がどう変わっていっているのかが一目瞭然です。

 

労働所得の割合が減って、準不労所得+不労所得の割合が増えれば増えるほど、自由時間が増えて生活が楽になると信じております。

 

 

 

まとめ

私は、普通のサラリーマンが富裕層への仲間入りをするためには、不労所得の割合を増やす事と、準不労所得を手に入れる事しかないと思っています。

 

サラリーマンの収入を増やすだけでは難しいです。

 

私の親戚に国立の九州大学を卒業して新日本石油に入社、49歳で年収1400万円ほどの方がいるのですが、激務で睡眠3〜4時間は当たり前・・・、いくら高給取りでもプレッシャーばかりの生活は楽しくありません。

 

お金に余裕があって自由な時間も充分にある。 これが理想の生活です。

 

我々は、そういう生活を目指さないといけないですね。

 
トップへ戻る