最速でお金持ちになる方法

 

このページでは最速でお金持ちになる具体的な方法についてご案内します。

 

トマ・ピケティ 21世紀の資本

 

先日、フランスの経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本」を読みました。

 

 

要約すると・・・
労働者で一生懸命に頑張ってもらう給与よりも、株式投資や不動産業への投資の運用益で稼いでいる人の方が早く豊かになれる。

 

 

こんな感じですね。


 

 

 

トマ・ピケティの21世紀の資本を読んだ後、アフィリ飯流の豊かになる方法を考えました。

 

 

r>gの法則

 

  • r=投資で生まれる収益
  • g=給与の伸び率

 

r=リターン・オン・キャピタル
g=エコノミック・グロース・レート

 

 

 

結果を先に言いますと・・・・
rの住人の側にならないとお金持ちになれません。

 

そのためには・・・

@労働収入を最大化する
A稼いだお金を全額投資する。

 

上記の2点が重要ポイントなんですが、だからといっていきなり投資するからスタートするとかなり効率が悪くなります。

 

 

具体例を出すと
100万円を年利4%の利回りで運用したら、1年後に104万円に。

 

1億円を年4%の利回りで運用すると1年後に1億400万円に。

 

このように、投資元本が少なすぎると投資効率がかなり悪く、大金を持っている人にはどうやっても追いつけません。

 

 

ステップ1

 

だから、始めは投資元本を増やすことを重点的に考えます。

 

給与が少なくて、これからも伸びしろが少ないという事が予想されるならば、給与の高い会社に転職するしかありません。

 

アフィリ飯は、本業の儲けとアフィリエイトの収益で投資元本を稼いでおります。

 

当たり前ですが、浪費癖のある方はその悪癖は直さなくてはいけません。

 

 

ステップ2

 

本業と副業で稼いだお金を投資に回し、その投資で得た利益を再投資して複利のちからでさらに投資資本の増加率をアップさせていきます。

 

 

 

あとは、ステップ1→ステップ2→ステップ1→ステップ2と延々と繰り返していくだけです。

 

 

gの住人のままではお金持ちになれない

 

お仕事を一生懸命に頑張ってもらう給与よりも、投資で稼いでいる人の方が早く豊かになれる。

 

このことをフランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏が過去200年のデータから証明してしまったのです。(資本収益率4〜5%で、労働収益率が1〜2%)

 

つまり、非常に残念ですが資本主義の世界は「資本家>労働者」という図式で格差が拡大するようにデザインされている事になります。

 

 

1億円の資産家が5%の利回りで資産運用すると、保有するだけで500万円/年

 

時給1000円の労働者が頑張って仕事をして1%給与が上がったとしても時給1010円になるだけ。

 

これがr>gの法則です。

 

 

 

まとめ

 

給与をもらってその給与を使って生活する・・・

 

それが一般サラリーマンなんですが、その生活を送っていると99%の確率でお金持ちになることはできないということです。

 

つまり、お金持ちになるにはr>gの「r」の部分を積極的に増やしていく努力をしていかないとダメだということです。

 

しかし、rの部分を増やしても肝心の投資で失敗してしまうと最速でお金持ちになるどころか、最速でお金を失ってしまうというリスクもあります。

 

 

そこで私が採用した戦略は「ローリスクの配当金狙いの米国株への株式投資」です。

 

サイト管理人の保有銘柄一覧

 

rの部分は会社員の時に貯めたお金+現在のアフィリエイト収益です。

 

特に、利回りの高くて業績の良い銘柄に長期投資すると儲かる可能性が高いことがわかりました。

 

 

  • 給与が増えた部分は浪費せずに投資に回す
  • 投資で増えたお金は使わずに再投資に回す。

 

 

 

サイト管理人は大富豪になりたいわけでもありませんが、お金はあった方が良いと思っています。

 

サイト運営者情報にも書きましたが、お金があれば超ブラック企業で社畜として酷使されるこもありませんし、嫌な人間関係の中で働くこともない。

 

つまり会社からの依存度を減らして人生からストレスを取り除きたいと真剣におもっているんです。

 

現在、私は会社勤めではありませんので結構依存先は減らせていますが、小さなストレスはまだまだあります。

 

それらを減らすために努力しています。

 

実際にピケティのrgの法則とおりに実行してお金持ちへの道を当サイトで実験している最中ですので、参考になれば幸いです。

 
トップへ戻る