配当金生活のためには元手を貯める事から

 

 

 

配当金生活を送るためには当たり前ですが元手が要ります。

 

 

親が金持ちでもない限り、最初はお金が無いというのが普通なので、真面目に貯金していくしか方法がありません。

 

個人的には、あまり贅沢をしなければ年200万円程度配当金があれば生活できるかなというイメージを持っていますが、年5%の利回りで回すと5000万円の元手(軍資金)が必要になるという計算になります。(20%の税金を考慮に入れています)

 

よって、地道に貯金を貯めていくしか方法がないわけですが、基本的には収入を上げて、支出を減らすしか方法がありません。

 

そこで私の例を実際にご紹介します。

 

 

 

  • 支出を減らす
  • 収入アップ

 

 

節約編

 

来月からすぐに収入を増やすというのはなかなか難しいので、まずは、誰でも簡単に結果が出る「節約」から優先して実践する事をおすすめします。

 

それでは、私が実際にやった節約をご紹介します。

 

 

ケータイ代を節約

まずは、ケータイを割高であるソフトバンクから格安SIMの楽天モバイルに変更して通信量を下げました。

 

すると、毎月の支払い額が約8,500円から1,500円と7,000円減りましたので、年間約8万円の節約になりました。

 

タバコ代を節約

その次がタバコ代ですね。

 

フィリップモリスの「NEXT」というブランドのタバコを1日20本吸っていたのをキッパリと気合でやめました。

 

これで、1ヵ月に換算すると440円×30日=13,200円

 

年間に換算すると、15万円節約しました。

 

ニコチン中毒で厳しかったですが、今では健康のためにもやめてよかったです。

 

 

クルマの維持費を節約

あと、クルマの維持費を減らすために、普通車(スバルインプレッサ)を軽自動車(ホンダNワゴン)に乗り換えました。

 

そうすると、年間の維持費が約40万円から約30万円に削減できました。

 

本当はクルマを廃車にすればよいのですが、ドライブが唯一の趣味なので軽自動車に乗り換えることにしました。

 

 

 

 

項目 節約できた額(年額)
ケータイ 8万円
クルマ 10万円
タバコ 15万円
33万円

 

※配当金を33万円もらおうとすると、元手が約1000万円も必要になります。

 

(利回り4%、税引き後3.2%として計算)

 

 

ただ、節約を頑張り過ぎると精神的にしんどくなって続きませんのでご注意下さい。

 

 

 

貯金を増やす編

 

サラリーマンなら翌月からすぐに給料を増やすことはほとんど無理でしょう。

 

 

 

社長!
もう少し貯金額を増やしたいので給料を上げてくれませんか?


 

こんなことは言えないですよね・・・。

 

よって、貯金額を順調に増やしていくためには「どれだけ支出を減らすか・・・」が最も重要なポイントになります。

 

 

 

貯金できる仕組みを作る

 

支出額を減らすことに成功すれば、理屈では順調に貯金額は増えていくはずなのですが、失敗している人が多いです。

 

 

「毎月10万円貯金するぞ!」と決断しても、

 

 

「キャバクラに行って散財してしまった・・・とか、海外旅行へ行って予定よりもお金を使ってしまった。

 

 

我慢するだけでは、なかなか難しいのも事実ですし、無理に支出を減らそうとしても精神的にストレスになるだけでしょう。

 

 

よって、私は貯金額を増やすために無理やりに節約することはおすすめしておりません。

 

その理由は面白くありませんし、続かない可能性が高いからです。

 

 

ストレスフリーで貯金額を増やすtまえには以下の考え方に変えることです。

 

 

上記のように給料日が来たら貯金する額を決めて、残ったお金で生活できれば、自然に貯金額が増えていくような体質が出来上がります。

 

 

 

自動貯金システムを作る

 

サイト管理人の私も含めて人間は意思の弱い生物です。

 

 

絶対に貯める!と決めたことを3ヵ月も経てば継続できない人が大半です。

 

 

今月は、急な出費があったから貯金できなかった・・・と言い訳してしまうわけです。

 

 

 

だから、自動的に貯金額が増えていくシステムを作ることが重要です。

 

 

 

 

システムさえ作れば、あとはほっておいても自然に貯金額が増えていきます。

 

 

 

私のおすすめは積み立てタイプの投資信託です。

 

 

投資というだけで、「投資はしない主義だから」と毛嫌いする方がたまにいますが、積み立て投資信託は「長期的にかつ少額」からできる投資法なので、損失リスクが少ない、気軽に始められるおすすめの投資方法です。

 

積立型の投資信託は、毎月の積立金額を設定すると、あとは自動的に銀行口座から設定した金額が引き落とされていきます。

 

つまり、ほったらかし状態でも、自然にお金が貯まっていくシステムが作れるわけです!

 

お金を引き出すのも手順があって、結構面倒くさいので、無駄遣い防止にもなると思いますね。

 

 

 

 

私が実際に積み立て投資しているのが「セゾン投信」になります。

 

 

 

セゾン投信は、投資信託の購入時の手数料が無料のノーロード型の投資信託で、長期投資で結果を出している投資信託会社です。
私は2019年から、セゾン投信の投資信託を毎月コツコツと購入しています。

 

 

なお、積み立て期間は、5年、10年という長期のスパンで考えることが非常に重要になります。

 

 

私、セゾン投信の口座を開設して、毎月の積立額を2万円に設定しただけです。
後は、貯金額のことなんか忘れて好きなように生きていくだけで、自然に貯金額が増えていく・・・

 

 

貯金する鉄則は、システム化するのが最も重要です。

 

 

 

 

この記事を読んでくださっている方も
自分に合ったペースで貯金額アップに取り組んでみて下さい。


 

 

 

 
トップへ戻る