稼げる仕事についても億万長者になれない理由

 

トマス・J・スタンリー 本

 

多くの資産家や高額所得者を追跡取材してきた、億万長者研究者のトマス・J・スタンリー氏は、このように述べています。

 

 

職業の種類よりも、人間の性格で貯金レベルが決定する

 

もちろん、より多く稼ぐことは重要なポイントではあるのですが、給与の額よりも自制心、勤勉さの方が大切と説いています。

 

「収入が多い少ない」は職業である程度決まってしまうけれど、収入が多いからといって、浪費癖がひどければ億万長者には決してなれない。

 

「資産額」は職業よりもその人の性格で決まる。

 

だから、「億万長者になれるかどうか」は、収入よりも性格で決まる可能性が高いという意味です。

 

 

億万長者になれる資質とは?

 

私もアフィリエイト&不動産を3軒経営、配当金収入である程度稼いでいる人間ですが、1ヵ月の生活費が10万円以下とかなり質素な地味生活を送っているつもりです。

 

普通自動車から軽自動車のNワゴンに乗り換えたり、ケータイもソフトバンクから楽天モバイルに変更と生活コストの低減に努めています。

 

 

しかし、私の周りの稼いでいるアフィリエイターさんは高級外車に乗ったりキャバクラ遊びなどの浪費がひどい方もいらっしゃいます。

 

高給取りが一生100%確定しているならそれだけ浪費しても構いませんが、人生何があるかわかりません。

 

 

稼げる仕事で高給取りになったとしても、入ってきたお金をガンガン使ってしまう方は、億万長者になれる素質がありません。実際に億万長者達を見てみると倹約家という方が多いです。

 

億万長者たちはマネーを「持っている」から億万長者なのであって、マネーを浪費しながら億万長者になれた訳ではありません。

 

多くのお金をゲットしても、「浪費せずに投資金に回したり、貯金できる自制心」。この行動こそが、億万長者に欠かせない資質と言えます。

 

 

 

まとめ

 

億万長者になるために絶対に必要な能力は「倹約できる自制心」です。

 

給料が少ないにも関わらず貯金が1億円オーバーという人も知っていますので、給料が安いから貯金できないというのは言い訳にしかなりません。

 

 

 

 

 

 

 
トップへ戻る