サイトの更新頻度が高いほどSEO的に有利なのか?

 

 

アフィリエイトサイト&ブログの更新頻度が少ないのはSEO的に不利なのか?
逆に更新頻度が高いのはSEO的に有利なのか?

 

このような問題にアフィリ飯の意見を述べるページです!

 

アフィリエイト歴13年。
アフィリエイトで稼ぎ、最近はアフィリエイトで稼いだ資金をもとに大家業を始めたアフィリ飯が「サイトの更新頻度」について語ります。

 

アフィリ飯のプロフィールはこちら

 

 

 

結果を先に述べますと、SEO的に更新頻度は検索順位に影響しません。

 

毎日1記事アップしての毎日更新でも、1ヶ月毎に1記事アップでも、サイトを更新するタイミングによるSEO効果は一切ありません。

 

このようにグーグルのジョン・ミューラー氏が語っています。

 

 

しかし、サイト管理人のアフィリ飯はブログやサイトの更新頻度を上げる方がSEO的に効果があると思っています。

 

先ほど、更新頻度と検索順位に影響しないとご紹介したばかりですが、SEO的に直接関係ないのものの間接的には関係があると思っているのです。

 

 

どういうこと?
わかりやすく説明します。

 

 

 

例えば、youtuber(ユーチューバー)です。


 

ほぼ毎日動画をアップしているプロ級のユーチューバーと、月1回程度の頻度で動画をアップしている副業的なユーチューバーがいます。

 

(動画の面白さ・編集レベルは同じレベルと仮定)

 

同じレベルの動画をアップしているにも関わらず、毎日動画をアップしている投稿者の方がリピーターが付きやすいという特徴があり、たまにしか動画をアップしない投稿者の場合はチャンネル登録者数が伸びにくい傾向があります。

 

 

 

すごく面白かったな!
明日も動画を見にこよう!楽しみ!


 

 

 

まあ、こんな感じなんですね。

 

サイト&ブログ運営にも同じ現象が起きると言えます。


 

 

参考になる記事だったな
また、新しい記事がアップされたら読みたいな・・・・

 

読者の方から自分のサイトに訪れてくれる。

 

つまり、自分が運営しているブログやWEBサイトへ訪れるリピーターさんが増えることによってサイト全体のトラフィックが増えていきます。

 

このリピーターによるダイレクトアクセスは、SEO的にはかなり有利に働くファクターだと断言します。

 

 

 

ただ、更新頻度を上げるためだけに明らかに品質が落ちる記事をアップすることはSEO的に逆効果と言えます。

 

その理由は・・・

 

 

なんか、最近面白くない記事ばっかりだな。
もう見るのをやめようかな・・・・


 

こんな感じですかね。

 

 

つまらない記事や品質の低い情報の薄いページが一定数の割合を超えるとサイト全体に悪影響を及ぼすので注意して下さい。

 

 

古くなった情報を更新する

あと、ブログ運営を何年も続けていると、昔に書いたコンテンツ内容が古くなってしまってそのまま放置というケースがあります。

 

それではいけませんね。
古くなった情報はその都度訂正し、新しいコンテンツ内容にブラッシュアップしていくと、結果的にユーザーの利便性が向上してコンテンツの質が高まります。

 

このような古くなった情報の更新はずっと継続していかなければいけません。

 

 

更新頻度のまとめ

記事の更新頻度自体にはSEO効果はないが、面白い記事、参考になる記事を数多くアップすることで、ブログに来てくれるリピーターさんが増え、固定客によるアクセス数増がSEO効果(検索順位上昇)を生みます。

 
トップへ戻る