中古ドメインを使ってメインサイトを作ることのメリットとデメリットとは?

 

 

 

私のサイトを見て下さっている読者の方から以下のような質問を頂きました。

 

名前は匿名です。

 

私のこれまでの実経験で起きたこと、中古ドメインに対して感じたことをご紹介します。


 

 

 匿名さんからの質問内容

コアアップデート後、中古ドメインをメインサイトにしたブラックSEOで発生売上を55万まで戻したのですが、グーグルから芋づる低品質ペナルティを受けて発生売上がほぼゼロになりました。

 

被リンクは0本から8本程度、アフィリ飯さんが記事に書かれていたように、ツール記事と外注記事の混合です。
(画像や装飾は要れていません。目視が入ったらバレバレです)

 

サーチコンソールには登録していなかったのですが、アクセス解析のタグを使いまわししていたのが芋づるの原因かと思われます。

 

あとは、ひとつのサテライトサイトから2本リンクを送っていたのも反省点です…

 

いずれにせよ、再度中古ドメインに載せ換えて復活をはかる予定ですが、

 

『中古ドメインをメインサイトにすると、サテライトサイトを巧妙に作成しても飛んでしまうのか?』 という点で今後、被リンクを使うか思案中です。

 

上位表示のサイトをチェックすると、中古ドメインのサイトはあまり自演リンクを入れてない印象です。

 

また今回、新規ドメイン(中古ドメインから被リンク)は無風だったので、飛ぶ前提で中古ドメインをメインにするか考え中です。

 

もし、お手すきならばカムバックしたときの経験談、または雑感など教えていただければ幸いです。

 

 

 私の答えはこちらです。

 

質問者さまは、メインサイトに中古ドメインを使用し、サテライトサイトに中古ドメインを使用してメインサイトへリンクしているとのこと。

 

まず、メインサイトに中古ドメインを使うこと自体に飛ぶリスクを覚悟することが大前提になります。

 

つまり、どんなに巧妙にやっても中古ドメインをメインサイトに使うと長生きするWEBサイトを作るのが各段に難しくなっているということです。

 

というのも、私もグーグルのリンクへの評価アルゴリズムが変更になるたびにサイトが圏外へ落ちるという苦い経験を何十回も経験しています。

 

よって、私の場合はよほどのことがない限りはメインサイトに中古ドメインは使わなくなり、現在はサテライトサイト用だけになっています。

 

この考え方は私だけでなく、周りのアフィリエイターも同意見です。

 

 

 

中古ドメインのメリット

唯一中古ドメインを採用するときは、急速に上げたい時ですね。

 

例えば、カニ通販というキーワードです。

 

カニのアフィリエイトは冬場にピークを迎えて春・夏・秋はまったく売れないという属性の案件なので、12月と1月だけ上位表示すればいいわけです。

 

大分昔のことになりますが「カニ通販」で1位をとり、12月〜1月の繁忙期に発生金額で月100万円を超えました。

 

たしか、10月の秋頃にカニ通販のサイトを作ろう!と急に思いついて早急に作ったサイト作成した経験があります。

 

よって、カニの繁忙期である12月までのたった2カ月という期間で上位表示させる必要があったんですね。

 

そういう理由で中古ドメインを採用したわけで、新規ドメインでは2カ月の短期間では上げきれなかっただろうと思います。

 

中古ドメインのメリットは早く上がるということだけです。

 

 

 

中古ドメインのデメリット

ひとつの例としてカニのサイトを挙げましたが、その後、カニ通販のサイトはどうなったかというと12月に1位をとった後、4月頃には順位が100位以下の圏外に落ちた記憶があります。

 

実際に稼いでいた実働期間は2カ月弱という短命なサイトでした。

 

その他も似たりよったりで長くて2年といったところでしょうか・・・。

 

総括すると、中古ドメインをメインサイトに持ってくると長い間上位表示できない傾向があるということです。

 

このように中古ドメインで作ったサイトはほとんど飛んでいく運命をたどります。(例外はほとんど無いです)

 

 

中古ドメインは当たりはずれのリスクがある

あと、中古ドメインのデメリットとして当たり外れが多すぎるということですね。

 

ハズレ中古ドメインを購入してしまうとまったく反応しない場合も多いです。

 

私の場合は1個の1万円前後の中古ドメインを10個購入し、その結果すべて外れドメインだったというような苦い経験もあります。

 

 

まとめ

 

よって、匿名さんの場合では中古ドメインから中古ドメインにコンテンツを載せ替えて上位表示に成功してもいずれ高い可能性で圏外へ飛ぶでしょう。

 

それでも構わないという人は良いのですが、こればかり繰り返していくと普通の人のメンタルでは精神的&心が消耗してきます。

 

そこで、提案なんですが、中古ドメインから新規ドメインに移し替えてはいかがでしょうか?

 

ただ、新規ドメインにしたから飛ばないというわけでもなく、飛ぶリスクが減るという程度です。

 

結局、中古ドメインの使い方に関しては、メインサイトではなく、サテライトサイト専用にして、中古ドメインが持っているドメインパワーをメインサイトへ送る。

 

リンクは1本のみ。2〜3本でも構いませんが、リンクジュースが最も伝わる方法は1本!これでいいと思います。

 

この方法が、今のところメインサイトが一番長生きする方法じゃないですかね。

 

私の場合、このやり方で約3年ほど稼ぎ続けたサイトがあります。

 

私は、14年間ほどアフィリエイトをやってますが、長期にわたってグーグルの1枚目をキープしているアフィリエイトサイトなんて私はみたことがありません。

 

それくらい上位表示を維持するのは難しいこと!と割り切ることですね

 

また、サーチコンソールを使われていないとのことですが、サチコを使わないとパンダでとんだのか、それとも被リンクで落ちたのか、目視でやられたのか理由がわかりません。

 

サーチコンソール(サチコ)の導入をおすすめしたいですね。

 

最後に

『中古ドメインをメインサイトにすると、サテライトサイトを巧妙に作成しても飛んでしまうのか?』

 

中古ドメインをメインサイトにして新たにSEO対策を追加しなくても飛ぶ時は飛びます。

 

現在まで出ているSEO情報もかなり買って研究しましたが、それは現在までに効果がでているSEO情報であり、これから未来のグーグルアルゴリズムについては加味されていません。

 

つまり、新アルゴリズムが導入されるたびに落とされるリスクにさらされていると思っていいと思います。

 

 

 

 

 
トップへ戻る