中古ドメインのメリットとデメリット

 

 

 

アフィリエイトを始めるにあたってサイトのドメインを中古ドメインにしたらよいのかどうなのかわからない・・・

 

中古ドメインを使うメリットとデメリットを知りたい。


 

そんな疑問にアフィリエイト歴14年目の専業アフィリエイターが答えます。

 

まず第一に中古ドメインを使うことは正しいのか間違っているのか・・・この件に関しては正解は無いと思っています!

 

個人的な意見としては中古ドメインはサイトによって使い分けるのがベターというのが私の答えになります。

 

 

ここで、基本的な中古ドメインを使うメリットとデメリットを挙げてみました。

 

(今回の例はあくまでも収益サイトに中古ドメインを使うというケースです)

 

 

当ページの目次

 

 

中古ドメイン メリット

被リンクがついているドメインが多く元々ドメインパワーがある場合が多いので初期SEO、つまり検索順位の上がり方が新規ドメインよりも速い事に尽きます。

 

上位表示が速い、つまり収益化も新規ドメインよりも速いというのが中古ドメインを使う一番のメリットになります。

 

 

中古ドメイン デメリット

 

私が感じた中古ドメインのデメリットとリスクは以下の4パターンです。


  • 中古ドメインの取得費用が高い。
  • あたりはずれがある
  • そもそもインデックスされない
  • 過去にペナルティを受けていた中古ドメインでは上位表示不可能

 

 

ペナルティ 中古ドメイン

過去の運営中に何らかのペナルティを受けてしまって捨てられた中古ドメインはブラックリストに入っており、ペナルティ解除などの対策をしなければ上位表示はもはや不可能に近いといってもいいです。

 

例えば、フィッシング等の詐欺サイトや、麻薬などを販売するサイト、ロリコンを相手としていたような悪質サイトに使われていた中古ドメインではほぼ100%近く上位表示はできません。

 

もちろん、中古ドメインを購入する前にドメイン自体の良し悪しを見るので、ある程度の良し悪しは事前にわかるのですが完璧に100%の精度で判別できるわけではありません。

 

 

中古ドメイン良し悪し

どんなに中古ドメインを綿密に精査しても限界がありますし、海外の中古ドメインであれば精査自体がレベルが高く難しいです。

 

また、業者から優秀なドメインを買ったつもりでも実際に記事・コンテンツを入れてみるとさっぱり、そもそもインデックスされない・・・ということは日常茶飯事です。

 

 

 

優良な強い中古ドメイン

私もアフィリエイト業界で長く生きているので商売柄ライバルサイトをいつもチェックしていますが、どんなに質の良いドメインを取得して、上位表示に成功しても約2〜3年で消えていくサイトが本当に多いと感じています。

 

どういうことかいうと中古ドメインを取得して真面目にサイト運営しててもグーグルの度重なるアルゴリズムのアップデートによって検索順位が下落してしまうリスクが新規ドメインよりは高いというわけです。

 

よって、3年以上の長期間運営を考えているなら中古ドメインを使うのはリスクが高くやめておいた方が無難です・・・というのが私の意見です。

 

当ブログのドメイン「enjoyblog.jp」は新規ドメインを採用しているのですが、中古ドメインではなく新規ドメインにした理由は長期間に渡って運営するつもりだからですね。

 

 

 

中古ドメイン まとめ

いろいろ書いていると中古ドメインのデメリットの方が多くなってしまいましたが、それでも中古ドメインを使っていきなり1枚目に上位表示する中古ドメインの効果は計り知れないものがあります。

 

結果的には、10〜20ページ前後の小規模なサイトで手っ取り早く収益化させたいブラックハット派の方ならば中古ドメインはありじゃないか・・・というのが私の意見です。

 

2〜3年くらい稼げれば十分に元が取れるのでそれでも構わない!

 

こういった考えをお持ちの方は中古ドメインのメリットを充分に享受できると思います。

 

  • 小規模サイトの量産スタイルなら中古ドメイン
  • ゼロからサイトを大事に育てていくスタイルなら中古ドメインはNG

 

 

 


私が実際に行っている優秀な中古ドメインを無料で取得する方法を別のページでご紹介しています。

 

効果の高い中古ドメインの探し方

 
トップへ戻る