アフィリエイト 無理

 

 

アフィリエイトで稼ぎたいと思い、記事を書いているうちに自分には無理じゃないか・・・と感じている方に向けての記事になります。

 

 

 

そんな疑問に、アフィリエイト歴14年目の専業アフィリエイターが答えます。


 

 

本記事の内容

・1000時間からが本当のスタート
・1000時間を超えてからは分析&検証と修正の繰り返し

 

 

 

私は専業アフィリエイターですが、私の知人にもアフィリエイトを生業にしている人が数多くいます。

 

また、アフィリエイトで稼ぐことが無理と感じたからか辞めていった方も知っています。

 

そういう世界で生き抜いてきて感じたことをまとめました。

 

 

アフィリエイトは無理という人は作業時間が足りてない

 

まず、初心者レベルを脱するためには最低1000時間は必要です。

 

(ちなみにプロ級になるには10,000時間と言われてます)

 

ここでの1000時間とは、HTML・CSS、ワードプレス、アフィリエイト関連の本を読んだり、知識のための勉強時間は一切含まれません。

 

実際にサイト内の記事・コンテンツを書いた正味の時間のことです。

 

 

早く結果を出す人の特徴

 

もちろん、努力したからと言って全員が上手くいくということはないでしょう。

 

しかし、ぶっちゃけ稼いでいる人の作業量は半端なく、恐ろしいくらい作業に没頭しています。

 

その作業風景をみたら、初心者さんは自分の作業量では稼げないわと痛感するでしょう。

 

アフィリエイト業界では悩んでいるヒマがあったらその間に1記事書けるという強者もいます。

 

 

 

まあ、ここまでは精神論、マインドの話です。


 

 

論理的に考える能力

 

精神論はどうでもいいから手っ取り早く稼ぐ方法を教えてくれという人がいます。

 

でも私は、精神論はある程度正しいと思っていますが、物事を論理的に考える力も同じくらい重要だと思っています。

 

まず初心者はぶっちゃけはじめは数撃てば当たる論でいいと思います。

 

その理由は狙っても当たらないから・・・。

 

ここまでは気合で乗り切れ!の精神論です。

 

継続してやっているとアクセスがある記事が少なからず出てきます。

 

その当たった記事を分析して検証していくのです。

 

その分析して検証する作業をしない人が多いですね。

 

圧倒的作業量だけでも稼げるようになりますが、さらに分析力&検証力がついてくると稼ぐ嗅覚が加速度的に鋭くなっていきます。

 

そうやって稼げる記事を書ける可能性を上げていくのです。

 

だから、初めから大当たりの記事を狙って書ける人なんてほとんどいない。 ということを言いたかったわけです。

 

 

 

しかし、現実的は圧倒的な作業をこなして記事を書いてく・・・・というところで止まっている人がほとんどです。

 

そこを乗り越えないと当たる記事の分析&検証ができないというわけですね。

 

 

 

 

 

売る商品が無ければグーグルのアドセンス広告、ある場合はASPアフィリエイト。

 

当サイトはアフィリエイトで稼いで、そのお金で株を買って配当金収入で暮らそうという流れです。

 

アフィリエイトに関連したアフィリエイトや、株式投資するには証券会社の口座開設が必要です。

 

つまり、証券会社のアフィリエイトが稼ぎのネタになっています。

 

 

 

 

まとめ

 

アフィリエイトは無理ではありません! ライバルよりも作業量を増やして分析&検証で初心者レベルを突破

 

  1. 1,000時間作業後がスタート地点と認識すること
  2. 作業を継続していると、稼げる記事がわかってくる
  3. 稼げた記事を分析&検証して、勝率を上げていく
 
トップへ戻る