健康アップデート対策には何が有効?

 

2017年12月にグーグルが健康アップデートを公表しました。

 

簡単にいうと以下に関するサイトで信頼性の低いサイトの検索順位を落としますよというものでした。

 

 

健康アップデート対象のジャンル

・医療系(病院、歯医者、耳鼻科、医療雑誌、クリニック等)
・健康系(整骨院、健康食品(サプリメント)、針治療、マッサージ等)
・美容系(エステ、ネイルサロン、コスメ等)
・物販系(酵素ドリンク、青汁、便秘、ホワイトニング等)

 

 

 

健康アップデートの結果

例えば、2019年度現在、「精力剤」と検索して上位表示されているのは、

  1. kakaku.com
  2. ウィキペディア
  3. 楽天市場
  4. amazon.com
  5. youtube

 

「葉酸サプリ」の検索上位は

  1. エレビット
  2. Amazon
  3. 楽天市場
  4. kakaku.com

大手サイトとメーカーサイトが続いており、信頼性が低いと判断されたアフィリエイトサイト郡は10位まで1サイトもランクインしておりません。
アフィリエイトサイトはすべて追いやられていますね。

 

 

 

医療・健康ジャンルは稼げるジャンルだったが・・・

2014〜2017年度に私は精力剤サプリと妊活用の葉酸サプリメントの2サイトを運営しており合わせて80〜100万円/月くらい稼いでいましたが、その健康アップデートの変動によって検索順位が急落し、結果的に年間で1000万円くらいの売上ダウンになりました。

 

そして2019年6月に追加のコアアルゴリズムアップデートが実施されて、売上ダウンだけでなくアフィリエイト廃業に追いやられた人も知っています

 

 

現役アフィリエイターの健康アップデート対策

 

 

何か具体的な健康アップデート対策はないのでしょうか?


 

 

 

答えを先に述べると、残念ながら特別な対策方法はないというのが答えになります。


 

 

グーグルのミューラー氏は、特に医療系と健康系サイトのコンテンツの内容をチェックするアルゴリズムの改良に努めてきたと認めています。

 

しかし、グーグルはこのように公表していますが、専業アフィリエイターが感じた現実をご紹介します。

 

信頼性の高いコンテンツが上がるとすれば、専門家に記事を書いてもらえば、理屈上では信頼性の高いサイトになりますね。

 

しかし、グーグルの理屈通りにはいきませんでした。

 

 

葉酸サプリメントサイト用のコンテンツ
葉酸サプリのサイトを運営していたのですが、2017年12月の健康アップデートによって検索順位が大幅下落してしまいました。

 

そこで、サイト内の記事の信頼性を上げるために、国家資格を持っている管理栄養士さんに妊娠に必要な栄養に関するコンテンツを30記事ほどを作成依頼した経験があります。

 

その道のプロが書いた記事なので、内容はバッチリで高品質なことは間違いないはずなんですが、グーグルのアルゴリズム的にはまったく評価されませんでした。

 

その他でも健康を維持するためのコンテンツやなど、専門の人に外注で書いてもらったコンテンツでも新アルゴリズムで落とされているというありさまなので、素人がちょっと勉強して記事を書いたレベルではまったく歯が立たないでしょう。

 

医療法人などが保有しているドメインなどのコンテンツは上位表示されているページも散見されますが、純粋なアフィリエイトサイトの上位表示は難しいというのが現状です。

 

 

先ほども書きましたが、

 

・kakaku.com
・ウィキペディア
・楽天市場
・amazon.com
・youtube

 

これらの大手サイトの上に自分のアフィリエイトサイトを上位表示するのはなかなか難しいです。

 

 

ドメイン単位での信頼性

また、kakaku.com で精力剤についてのコンテンツの内容をサラッとみたところ、そこまで質が高いと感心させられるレベルの記事ではなく、ユーザーもおそらく満足しないであろうレベルの記事も多く見られます。

 

よって、上位表示のコツはコンテンツ内容だけではない事がわかります。

 

私たちは、コンテンツの質を上げる努力は続けていかなければなりませんが、ドメインの信頼度、権威性を上げる努力も並行してやらないとダメだなと感じます。

 

ドメインの信頼度&権威性を上げるにはリピーターが多いサイトやアクセスの多いサイトに仕上げていくことです。

 

 

健康アップデート まとめ
  1. 具体的な健康アップデート対策法が見つかっていないこと
  2. 専門の人に記事を書いてもらう

特に専門の人に記事を書いてもらうと外注費が本当に高いです。

 

私が管理栄養士さんに妊娠に必要な栄養に関する記事を依頼したところ、3000文字で35000円(税込み)で、30ページほど依頼したのでコンテンツ代だけで100万円かかっています。

 

このようにコスパが非常に悪い投資になってしまう傾向にありますね。

 

よって、医療・健康に関するコンテンツや美容系、サプリメント系のサイトは新たに作らない方が良いというのが私の結論になります。

 
トップへ戻る